2014年11月10日月曜日

「正しいこと」より「楽しいこと」

タイトルに落ちを書いてしまったのだけど、
先月末会社の先輩と飲んでいて、印象に強く残っている言葉がある。


「正しいこと」より「楽しいこと」ということだ、


「正しいこと」ももちろん大切だけど、
それだったら自分たちではなくて、
経営コンサルタントや国がやればいい、
自分たちはエンターテイナーな部分があるし、
そういう楽しさみたいな部分を忘れてはいけないということだった。


(大前提として最低限の正しさがある上でだけど、)
自分も楽しい
相手も楽しい
ユーザーも楽しい
そういう気概をもった仕事をしていきたいと思ったし、


広告代理店の新規事業部というポジションの中で、
そういう事業創造ができるエッセンスがあるアイデアをだすことも大切だ。


先輩に媚を売るのは基本的に大嫌いな自分だが、
これは本当に同意できる、最近感動した言葉だった。




前にも、もしかしたら書いてしまったかもしれないけど、
うちの会社の人は手前味噌ながらコミュニケーション能力が高い人がおおいので、
彼らからもらった名(迷?)言は結構面白いものがたくさんある。


本にいつかしたいなとちょっと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー