2014年11月2日日曜日

自分が出るところと出ないところ

いやー、更新が止まっておりました。




最近は某WEBサービスの移管作業でとんでもないことになりつつ、
新しい仕事をぽつぽつ作っているところです。






そんな中で、良くも悪くもいろんなところで、
予想に反して出番が自分に回ってくる、
あるいは周囲が考えていない中で自分が出過ぎたなと思うシーンがあって、
そこで相手の期待値をうまく理解できていなかったり、
少なくとも自分の中では思ったようなことが出来ていなかったり、
何回か失敗してしまったなーと反省することが最近いくつもあった。




予期していない突然の振りにあまり強くないのだろうけど、
自信のない分野はもちろんそうだし、
自信のある分野だと、逆に話し過ぎたり、
相手に対してオーバーなものを与えようとしてしまっている気がする。


部長に面談の時に、
「呼吸が速い」と言われたのだけど、なんだか印象的な言葉だった。




多分学生のときは、
例えば研究室の代表だった時はそりゃあ挨拶は自分に回ってくるだろうし、
会社やってたときは自分が社長なんだからそりゃぐいぐいリードすればいいのだろう。


多分失敗しようが多少問題があろうが、
責任のベクトルが向く自分で処理すればいいし、周りも大目に見てくれていたのだろう。




会社員になって、大枠年次や職階がある中で、さらにそこに見えない要因がたくさんあって、色んなポジションの中で機微というものがある気がする。


完全に無視はできない立場の中で、役割を演じる時も必要なんだろう。


結局こういうのも場数なんだろうなーと思うし、その経験の中で、もうちょっと落ち着いたら色々見えてくるのかもしれない。




ただ、一方でこういうのを気にし過ぎるとつまらないし、
これに振り回されている先輩や後輩を見てるとやっぱりさみしくなるから、
うまい具合でやっぱり自分のペースに持っていきたかったりもして、なんか悶々としております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー