2014年7月19日土曜日

ペイフォワードとインセンティブ設計

オフィスが37階に引越になりました。

そこで引越だからとみんなが捨てる古本を集めて、
ぽつぽつ読んでいたのだけど、

前の部長が定期購読していたハーバードビジネスレビューを20冊くらいもらったので、まとめて読んでいたら興味深いものを見つけた。


アプリのリファラルの施策で、
インセンティブの設計を
自分がユーザーを招待してその相手のユーザーが登録した際に
1.自分が割引を受けられる
2.相手が割引を受けられる
3.自分も相手も割引を受けられる
(但し、1.2.の割引よりも割引が少ない)
の3つを設定して同じアプリサービス上でテストをする

ハーバードビジネスレビューには
詳細な実験論文原本があったわけではないけれど、
2.3.のように相手にメリットがあるリファラルが
1.に比べてずっと大きいらしい。


ペイフォワードの概念や寄付もそうだけど、
自分の匿名性が全くないものに関してだけど、
相手にもメリットがあるものを渡したい
っていうのはあるかもしれない。

これは自尊心とか承認欲求とか自分の欲求を満たしたいということと一緒かもしれないし、
と言えるだろう。


今あるソーシャルゲームの招待機能も相手にもレアカードが渡るとかそれに近いものになっていると思う。

こういう広告会社でいう
生活者インサイトみたいなものが
実験的に証明されていくのは結構面白い。


いつも
・自分が使うかとか
・市場的なニーズとか
・競合の差別化ポイントとか
そういうところから発想してしまう部分が大きい気がして、

もちろん上記も大切だと思うけど、
最近とてつもなくすごいプランナーやディレクターと話していると、
生活者インサイトから発想していることがとてつもなく多い。

つまり第三者であるあるペルソナが
それを使うか、キャンペーンに参加するか、買うか
そっから起点にかんがえるということを
結構自分がちゃんと考え切れてないな―と
思うことがあって、結構反省する。

つまり自分とか周りみたいな超クローズな考えと、
一般的な調査知見とか差異での勝負だけじゃなくて、
その中間にあたりそうな特定集団を想起してずっと考え抜いていくような
そういうことも大切なのではないかと思った。


とまあちょっとそれたけど、
ユーザーモチベーションの設計をする機会が今いくつかあるので、
そういうのもリストみたいにして
ストックするのもおもしろいかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー