2014年5月17日土曜日

ライフステージと親友

週末大学時代の親友とちょっと軽く飲んできた。



自分と気の合う人や
付き合いが長い人もわかるかもしれないけど、

自分は本当に影と言うか、
ネガティブとかとはまた違う、
とてつもなく暗い部分がある。


心を許せて全部話せる友人なんて
数えるほどしかいないんだけど、
(まあでもみんなそうなのかな。。。)



彼は本当に貴重な友人だなーと思った。

こんな自分でも、
小学校
中学校
高校
大学
大学院(起業)
サラリーマン
と人生を歩む中で、
自分としては親友だと言える
(そして向こうもそう少なくとも言っていたことがある)、
そのとき思ったことを思ったまま話せる友人が
それぞれのステージでちょうど男女1人ずついる。
(女友達で親友と言える人は中学からだけども。)


もちろん彼らとも今も当然仲がいいんだけど
やっぱり何だか疎遠になっていく。

具体例をつらつらしていたけど、
生々しかったからやめておく。


やっぱり進路とかを歩んでいく中で、
あるステージでは同じ考えだった部分が多かったり、
違うことを認め合えたりしたことが急に味気なくなったり変わっていく。

どうしても目線が変わってくるし、
今でも仲は良くても、
「この話題だと話してもなー。」っていうのが
どうしてもちょっとづつ出てきてしまう。

そして、それは多分向こうもそうなんだと思う。

話してもなーっていうことがある時点で
とてつもなく仲がいいんだろうことは変わらないけど、
でもやっぱり会う頻度も話題の不釣り合いもきっと出てきてしまう。

これが何か困るのかっていうと別に困らないんだけど、
なんとなくすぽっと抜けていく感じがします。


でも今日の友人は大学・大学院・会社と全部一緒で
大学のサークルにはいってできた最初の友人であるんだけど、
会社や仕事の話もそうだが、
くだらないバカ話やサークルの人の話も含めて全然変わっていなくて、
自分と同じ目線で話せていて(高いか低いかとかそういうのは別)、
少なくとも自分は改めて楽しかったし、なんとなくほっとした。



これからの交友関係や
自分のキャリアやライフステージがどうなっていくのかなんて全然わからないけど、
こういう友人は大事にしない
といけないと改めて思った一日だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー