2014年4月30日水曜日

恩師の最期

ちょっとここに書こうか若干迷っていたことでもあるが、
自分の気持ちに整理をつける意味でも残しておこうと思う。



今日、大学の指導教員だった
鹿園直建先生のお通夜に行ってきました。


周りにはあまり言ってなかったようだけど、
がんだったらしい。
手術後に容態が急変して急死だったとのこと。


もう定年はしていたのだけど、

そもそも去年も一緒に学会に論文出してたり、
先生の課外活動の話なんか聞きに大学いったりしてて、
全然そういう体調の話とか全くなく、
というか先月に学会の話をメールで相談したりしていて、
(結局これはセッションのテーマが今年から変わって出せなかったんだけど)
元気だと思っていた。



だから驚きのがすごくて、
今日お通夜にいって挨拶を済ませた後、

親族席にいる先生の奥さまの顔見た時に
やっぱりもういないんだなと思って、

そこでようやく実感が出てきて、
久しぶりに会った研究室のメンバーを横目に
逃げるように1人でそそくさ帰ってきた。





先生は心の底から尊敬できる人だった、



少なくとも先生と同時に同じことインプットしても正直1回も勝てなかったし、
研究の隣接領域含めて、
歳とか本当に関係無く、常に新しいテーマもどんどん勉強していた。

東大出て海外の大学行って、学会長やったり、国から呼ばれたり、
技術系の会社の顧問やってくれって頼まれたり、
経歴だけで見ても超が付くエリートだし、
とてつもなく頭がよかったけど、


ひけらかしたり、自慢したり、人をばかにしたりなんか絶対にしないし、
常に恐ろしく謙虚な人だった。

温厚でとても優しかった。
奨学金の推薦状とかも進んで書いてくれたし、
不始末で分析機械壊したときもかばってくれたし、
論文も1字1句全部手直ししてくれた。

僕が会社やると大学院のとき先生に相談しても、
普通だったら干されて当然だと思うけど、
すごく前向きに受け取ってくれた。
昔のブログ

話してても面白かったし、
大学院を修了して会社うっぱらって今の会社に就職した後も
ちょこちょこ学会に一緒に出したり、
論文の話とか世間話をする機会があったんだけど、
もうこれもないわけで。


教職の教育哲学のパウロフレイレの話思い出して、先生とはこうあるべきだなとか、
おれはこういうおじいちゃんになろう!
という意味のわからないベンチマークをするくらい本当に慕ってた。


優れた科学技術とか学術研究の事業化とコミュニケーションを考えていきたい
っていう今の将来の夢ができたの自体も
先生のおかげだと言っても過言ではないと思う。

僕は先に組織にいるからとか先輩だからとか年次が上だからとか
そういう時は形式的に敬語は使っても、
それだけでは一切の敬意を払わない人間だ。
でも先生に対しては上記の理由で、1,2を争うほど尊敬している。



これからも普通に趣味で研究しようと思っていたこととかたくさんあったし、
いつか先生のやってる環境技術のマネタイズとかコミュニケーション設計とか
一部共同研究とか、かなり楽しみにしてたのに、本当に残念でならない。

ご冥福をお祈りいたします。



実は最近遠い親戚にもそういうことがあって、
今回のことと連続で驚いている。

でもこれで何かに影響が出たりするのも
きっと故人の人の性格上本意ではないと思うから、
もうこれで切り替えして頑張ろうと思う。

進むしかないわけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー