2014年1月19日日曜日

Googleのウェアラブルデバイス―シームレスというパラダイム

グーグルが健康情報を測定するコンタクトレンズを出したらしい。

http://jp.techcrunch.com/2014/01/17/20140116google-shows-off-smart-contact-lens-that-lets-diabetics-measure-their-glucose-levels/


ウェアラブルデバイスは
ネット=PC、スマホ、タブレット
っていう本来のつながりから、

時計とかメガネとかコンタクトみたいに着ているものにも
通信端末や測定機器としての機能を移管させているという点で、
よりインターネットとコンピューター通信の垣根をとろうとしている。

既に風呂の水に端末みたいな機能を移して動かせる技術も出ているし、
こういうのはもっとすすんで、
いつか電気つけたら壁の一部にスマホの画面みたいなのが
出てくるような、そういう世界になるとおもう。


ちょっと今は抵抗あるし、
ジェフェリームーア的な表現を使えば、
まだ「イノベーター」の人しか使えてないのだけども、

有用性的な事例や実利そして検証結果と手の届く値段を出していけば、
もっと社会に広がっていくだろう。


これをぼーっと考えている中で、

最近のビジネストレンドの中に
シームレス、つまり
複数サービス/事業の違和感のない統合、垣根のない連携
が1つの大きなパラダイムになっている気がする。

*厳密に言うと技術的な通信の統合を意味しているけど、
 ここではこの概念的な要素を指して使っている。


オム二チャネルは元々いくつかあった購買の中での各チャネルを
シームレスに連携させるものであるし、

O2Oもリアルとウェブが完全に連動していること(させること)
を前提に考えていくものだし。

最近流行りのグロースハッカーっていう概念も
昔からこういう概念はあったとおもうし、
小さい会社やっていた時でさえ、この概念で出てくるアウトプットはいくつか実施していたが、
言葉として形になったのも、
マーケティングとエンジニアリングを統合的に同じ視座でみていくという、
これまでの両者を独立させた考え方を開放しているからこそ、
生まれる発想だとおもう。

アプリの開発なんかも、
オブジェクティブCじゃないとダメなものをHTMLでも作れるCMSがボコボコ出ているし、

流行りのWEBサービスは
BASEなんかそうだけど、出店っていうハードルを
極限まで小さくする。

農業やヘルスケアにも
ちょっと守秘義務で言えないけど、
上流から下流までのデータ連携っていうのが
大事になっていて、そこの連携が新しい価値を生むようになってきている。


あと、このシームレスになるもの同士の関係は、
これまでの産業の中で、
ある一定レベル以上成熟していることが条件になっているとおもう。


既存のWEBサービスのプロモーションも開発も、
各チャネルとそのサプライチェーン設計も、
リアル店舗でオンラインのクーポン使うのも、
アプリのプログラミング技術も
イーコマースも
農業もヘルスケアも

ある程度まで掘り下げられてその中だけで発展して、
そこでやっと次を求めるときに、
周りを見るっていうことが加わって、
横につながって発展していっている感じがする。

今成熟期にある産業やビジネスを
この発想でくっつけていくだけでも、
結構いろんなものが生まれるなんてことはないかな。


共通した真理みたいなものが存在しているのかもって思うだけで、
おれは結構楽しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー