2013年12月8日日曜日

UI設計での演繹と帰納から

スマホアプリ関連の事業が最近多い。


ITと環境(化学)とかやりたい自分としては結構うれしいし、
楽しいのだが、

ワイヤーを設計してから、
実機に落とすまでにもそうだし、
こういうプロジェクトに多くかかわるようになってから、
AppStoreで毎週上位10位くらいまでのアプリを落として
実際に1回は起動して遊んでみるんだけど、
標題のことを強く感じる。


まず演繹的に
ここで通信が走ると電波環境でこれくらいの時間がかかるとか、
ターゲットの指のサイズが何センチだからボタンはこうで、
iPhoneの標準コンポーネントを元にしたりとか、
視認できる要素の数はこれくらいだとか、
目立たせたいときは点滅+寒色系の背景と暖色系のコントラストにした方が
虹彩の細胞が反応しやすい確率が高いとか
こういう構成だとCSSを書くときに工数が速いからとか、
とにかく論理的なバックグラウンドを持ったうえで、
目星や落とし込みをつけていって大まかな絵を書いて、


そのあと、帰納的に
ABテストしてクリック考えたりとか、
同じジャンルのアプリは○個中●個こうしているとか、
実際に10人くらいアプリのターゲットの人に見せてみて動かすとこ見てみたりとか、
とにかく集積的な知見や人の慣れを読んだりする。
(アプリをアップデートするとUIが見にくくなったと思うのって結構こういう慣れみたいな要素の影響が大きいと踏んでたります。)


専攻してた地球化学論文で証明する時も
論理的に仮説や背景を演繹的な推測でまとめてから
実際にサンプルを何百個も用意して実験して、
それを近似曲線にあてはめてから、
他の論文の結果引用してロジックを作り、
さらにそれの反証実験を実際にまたサンプル使って帰納的にやってと、
なんか一緒なんだなとふと思った。

昔、非平衡開放系の化学反応の一連のサイクルや
地球のサブシステム間の物質の移動と、
経営でのヒトモノカネ情報の流動的な近年の市場環境を示すフローが、
たまたまうちの大学の地球化学の先生が書いてた
ボックスモデルの図で
全く同じ流れで表現できることに気付いたときのことを思いだした。


全然違う分野のことが
同じアプローチ方法やパラダイムの中にあるのが
衝撃的に美しくて、変態かもしれないけど、
こういうの見つけるときに結構快感を感じる。

当然役に立つ規則性であることが重要なことは大前提で、
仕事の日々の作業の中にも
そういう法則性や体系みたいなものをこれからも見出して
いこうとなんとなく考えている。


取りとめないけど、そんな感じです。
良い週末を。

まとめて更新しました。
1.インサイトの読みと人生経験の比例
http://watari2487.blogspot.jp/2013/12/blog-post_8.html
2.嵐の前の静けさとディレクション作業
http://watari2487.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー