2013年9月23日月曜日

歴史の舞台裏とサラリーマンの正解

ご無沙汰してます。


最近会社的にも有名なエースの人とよく作業していて、
その人としてた雑談がおもしろかったから残しておこうとおもう。


このブログは間接的に本名が特定できてしまうから
(別に隠してもいないけど。片山智弘のブログです。)
詳細はかけないんだけども、

某新商品のソーシャルリスニングのプロジェクトを
朝掛け毎日最近はやっていて、
正直寝不足地獄です。

昼飯をその先輩と食ってから、
会社の誰もいないフロアで簡単に雑談してたんだけど、
その人は自分のフィーを計算すると、
とんでもない額になるんだけど、
給料はそんなに同期と変わらない。

でも仕事量も多いし、
家にいる時間も減ってしまう。

有名になればなるほど忙しくなる、
時間が無くなる
でも給料はそんなに変わらない。


だったら結局適度にサボりつつ、
足は引っ張らないくらいが
サラリーマンとしてはいいのかもね、
何が幸せなんだろうなあと
あんなに優秀な先輩からそういう言葉が出るわけで。

会社に守られている前提は
もちろん認めたうえでおっしゃっていたのだろうけど。

先輩でもそういうことを考えたりするんだなーと。


おれは正直、サラリーマンになろうと決めた時点で、
仮に自分よりも客観的に成果が出ていなくても、
給料が同じだろうとなんだろうとかまわないし、

仕事内容そのものに価値があって、
特に化学・環境系の事業創成とか
ITでもデカいPFや事業を俯瞰的にやってみたいと思っていて、
元々社長だろうが平社員だろうがどうでもいいから
結局自分でやるよりも効率的な進路として
今を選択してるので文句はない。

でも、先輩レベルで活躍すると、それは不満が出てくるのだとおもう。

ただ、実力主義・結果主義に寄れば寄る程、
組織はギクシャクしてくるし、
例えばノウハウだったり、人脈だったりが
社内じゃなくて個人に依存しやすくなるだろうから、
そこらへんの調整もあるとおもう。


評価と労働のバランスってそれぞれ人によって違うのだとおもうけど、
何が理想なんだろうなあと思うわけです。

無難にやることが正解になる組織って成長しないですよね。
(まあこれと基本的なミスや遅延をしないことは前提なんだけどね。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー