2013年6月17日月曜日

理系広告屋になれ始めたかもしれないと思った日曜日

会社員になって、
この局に来て1年、
結構自分のやりたい仕事がたくさん出来始めた。


簡単に言うと、

マネージャー・ディレクションをしつつ、
分析・開発っていう理系っぽい職種ができて、


クライアントも蓋を開けてみたら、
大学院の友人が就職している
技術系のメーカー・会社ばっかりだ。


ついに念願の環境問題にも関係がある案件も
できるようになってきた。



会社バカみたいに安く売って、個人事業主辞めて、
当時の一部の起業家仲間に
疑念半分と、侮辱半分でスタートアップの世界から抜けて、
今も伶さんとか他にも仲良くしてくれる人はいるけども
http://value-design.net/wordpress/
基本的に残念がられて、
なんとなくこのまま吹っ飛んで突き抜けてもいいのではないかなーって
頭のどっかで思いながら、
悶々として仕事をしている日もたくさんあったし、
正直今もある。


でも自分が会社員になって
いや、なってまでしてでも効率的にやりたかったことが、
割と落ち着いて整理すると目の前に広がっていて、
自分の直感はやっぱり間違っていなかったと確信している。


電力データ使ってビジネスやろうなんて、
きっと話通すだけで10年かかるだろうし、

いきなりカメラに入っている技術をSDKにしてアプリ転用して、
B to Cに御社を変えますなんて、
会社の看板なしではこれも相当遠回りしただろう。

世界一の安全技術がソーシャル上でどういう文脈で語られるかなんか、
一生わからなかったかもしれないし、

電子書籍っていう業界標準フォーマットすら固まってないとこで
俯瞰して、そしてその先端にはいる1人としてみることもできなかった
可能性が高い。

本来的には今の会社の名前なんかなくても、
片山智弘
っていう人間に全部任せてもらえるくらい、
結果も出してないといけないと思うんだけど、

今自分がやりたいと思った仕事に付けて初めて来た
この感覚がすごくいい。


これらに結果を出すことは当然だし、
このもっともっと先に、
目的ベースでは学術的な部分と社会との接合もそうだし、
会社ベースでは技術をもっとビジネスにしていく事業部を作っていきたいし、
個人ベースに言えばマネージャー以上になりつつ、
大学教授とか例えばやりながらビジネスも続けたい。


思いっきり来週も頑張ろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー