2013年4月6日土曜日

会社員2年目(社会人4年目)と1年

4月から会社員の2年目になりました。

会社員になって今年1年一番勉強になったのは
組織内の力学とプロセスマネジメントだった。

誰に話を通すのか、
誰が決定権をもっているのか、
自分はどこまでを決めていいのか、
そして決定時に別の手続きがいるのか(契約書など)


どういうスケジュールで
いつまでに何をどうやってやって、
全体を回していくのか、
→これは別に会社員でも経営者でも変わらないけど、
 そこで自分がその周囲のステークホルダーへ一層気を使っていかないといけないのが
 会社員なんだなと感じた。


「何勝手に決めてるんだよ」
「お前それ責任取れるのか」

上記2個がこの1年で一番怒られたセリフ。
権限のレベルっていうのがあるということ。

逆に先輩がやるのかなと思うとこで、
「そこはお前仕切れ」
と怒られることもあったし、

マジ迷惑な新人だと思う。
今年はもっとそういう構造を理解したうえで積極的に頑張っていきたい。
これはこれで勉強になる。

昨年度から自分のプロジェクトも持てたし、
割とアライアンス交渉とか責任権限の大きな仕事もたくさんやらせてもらえたと思うし、
来週は全体研修の演習で新入社員へメンターやったり、
そういう機会も回ってきている。

会社に感謝しつつ、自分自身の度量もあげていきたい。
あと1カ月で部署に新人が入ってくると思うので、
これで雑用もちょっと減ると思うと楽ではある。

一方で責任感とか、自分ごととしての意識とか、危機感とか、
そういうのはどうしても会社を自分でやっている時の方が強くなってしまうのは当たり前なのだけど、これらも部分も意識して大きいビジネスなんだから世に出たことも考えて頑張りたい。


自分が大学4年生の時の後輩が社会人になったり、
前に一緒にやってた会社のメンバーがそれぞれの道に進んでいるのをみて、
なんとなく時間の流れを感じてしんみりしながら、
雨なので引きこもります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー