2012年8月23日木曜日

社会の新陳代謝の最適バランスと生じるコストを生むことの善悪がわからない

こんばんわ。


モルガンスタンレーグループが
某電気メーカーの筆頭株主になったそうじゃないか。。。

株価材料先取り(22日)●●●●、モルガンSの株保有比率5.68%に
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASFL220DF_22082012000000
(会社で関わりがあるかもなので社名割愛)


日本の半導体の歴史といっても過言ではない
エルピーダメモリも似たようなことがあったような。。。。
http://sierblog.com/archives/1604268.html
(もう日経とか主要ビジネス・ニュース媒体の記事は削除されていた)


生命システムもサイエンスも
そして世界経済も社会システムも

時間の中で要望や環境や、新しい事実、観察、発展の中で
新陳代謝やパラダイムシフトが必然になっている。


人間も日焼けすると皮剥けるし、
歯は大人の歯になるためにぐらぐらして落っこちる。

同じように売れない会社はつぶれるし、売れる会社がぐんぐん伸びたり、
サイバーエージェントみたいに大きな業態変換を迎えることがある。
エラそうな創業者社長が会長になって居座ると早くどっか行ってくれないっていう空気は1回は出てくる。
責任を取ることが起こるとトップが変わる。



だから
社会が求めていないから
そんな韓国の●●にも勝てないクソ会社、
空売りしてぶっつぶしちまえ!!!

・・・・・・なんて全然言わないが、


少なくともおれは外資系投資銀行が悪だと思わない。

かといって家族がいて、一生懸命?会社に奉仕してきた彼らがかわいそうじゃないか
と言われるとちょっとかわいそうな気がする。

ただ、ああいうつぶしの効かない大手を選んだ以上、外部市場価値を捨てて、
社内でせっせこ生きる選択をしたわけであるから自己責任と言えば自己責任。


何が言いたいかっていうと、
何かを捨てる時、
新陳代謝する時は、
何らかの「コスト」が生じる。

他の例でもそう。

歯が抜けたら血が出るし、

トップが辞めたらマスコミが追求するし、

リストラしたらその人を実は慕っていた人の忠誠心を削ぐかもしれないし、会社に対して猜疑心を生むかもしれない。

・・・全部コストなんだよね。
だからその痛みを、ハードルを超えて尚、
それを本当にやる最適なタイミングなのかどうか改めて考えないといけないし、すごく難しいよなあ。。

一般意志と個人意志の一致をルソーが提案したと思うけど。実際どうなんだろうね。


そして、捨てることとか新陳代謝の中でできるコストを生み出す人間が
善なのか悪なのかもいっつも考えてるけど、答えが出ない疑問の1つ。

例えば
リストラを断行する経営者、
ゴミを捨てる人だってミクロで見れば部屋はきれいになるかもしれないが、マクロ視点で見れば社会に何にも使えないタダ燃やして埋めるコストを生むだけの廃棄物を捨ててるわけだし、

カラ売りして会社をつぶすモルスタさんはどうなんだと思うね。


色々語卓を並べたけど、
わかんないってことです。



まあ、某金融が電機メーカー株を大量にカラ売りするでもしないでも、
勢い余って倒産させてもしなくても、

最終的に電機メーカーの人達と外資金融の人達の
生活、仕事人生が幸せでありますように。

・・・というエゴと本音の混ざった言葉で締めくくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー