2012年7月23日月曜日

電力社員やらせ公聴会問題とステルスマーケティング

電力社員の発言なし=「やらせ」批判受け―大阪・札幌で政策聴取会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000065-jij-bus_all


電力会社が原発の
意見公聴会に4分の1混ざっていてやらせなのではっていうのを受けて、

今回は任意抽出したらしいんだけど、


ステルスマーケティングっていうとかっこいいけど、
あからさまになった時にこれほどかっこ悪いものはないよね。


この記事にも15%にしたいって主張した男性が責められちゃって、
本来の議論そのものの意義も見失われているし、
もう電力社員が全然信頼されなくなっている。


信頼性が問われていればいるものほど、
正直に語っていくことが大切になってきていると思う。


Facebookを始め、
ソーシャルメディアもそうだし、
Google Earthもそうだし、

今は世界中が監視出来るようになってきている中で、
素直なコミュニケーションの大切さが改めて問われているんじゃないかなあ。



博報堂さんが原発関連のコミュニケーションを受注したけど、
問題の解決策がどうなるかも含めてだけど、
イメージ醸造とか手腕すごく問われていると思う。


そもそも原発を15%にしたいなら、
なぜそうしたいのかを理路整然と語るべきだよね。


原発0%にしたらどうなるのか、
コストはいくら上がって、
社会的にはどれくらい失業者が出て、
ウラン原料などの貿易的にはこういうことになって
代替エネルギーはこういうロードマップになりそうで、
それによって担保できる安全性の価値はこれくらいでって・・・



環境問題に関するビジネスをそろそろやりたいから
おれも頑張らないとなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー