2012年7月17日火曜日

脱サラリーマンスタイル! デジタルハリウッドと面白法人カヤックが提唱する新ワークスタイル

カヤックとデジハリが
フリーランスを要請するプロジェクトを始めるそうです。

脱サラリーマンスタイル! デジタルハリウッドと面白法人カヤックが提唱する新ワークスタイル


うーーーん。。。。
おれの結論は・・・・微妙!!

フリーランスは手段であって目的ではないと思うんだけどなあ。
フリーランスになるために育てるっていう観点が理解できない。
一流のクリエイターを育てるっていうことだけにもっと集中して欲しい気も。
それで結果的にフリーランスでやっていけるなら良いと思うけど。

だとしたらカヤックでバイトじゃなくてもっと違うソリューションが出てくると思うんだけどなあ。


少なくともおれの知ってる同年代フリーの人は基本は小さな案件をやって、
全然金になってない人がほとんど。

ここを出た人が10年後、何割がちゃんと食べていけるのだろう。
もちろん自由な暮らし、自分のペースで仕事するっていうことが最重要に来ている人がこのコースはうってつけだけど、


そもそもそんな自分のワークスタイルの指向が最優先の人間が
いいものを作れるかなあ。

おれはクリエイティブは全然わからないけど、
広告賞とか、ニュースで話題になるようなレベルのキャンペーンをディレクションするような
一流のクリエイターって人には一応何人かあったことある。

みんな自分じゃなくて常に外を見ている。
ワークスタイルの憧れではなくて手段として適切なところに所属して
とにかくクリエイティブを考えている。


逆に
個々人の適性見てバイトじゃなくて実践課題を延々と積ませまくるとか、
一流のものに触れさせ続けるとか、
そういうことした方がいいと思うんだけどなあ。

http://www.gizmodo.jp/2012/07/digital-hollywood_x_kayac.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー