2012年5月3日木曜日

配属面談

研修の配属面談でした!


いつも研修で世話になっている人達と面談しました。
(詳細を書くと色々割れてしまうので大幅に割愛)


結論から言うと、
第一志望の部署近辺にということで所見を人事宛に書いてくれるそうです。
(実際の配属はこの人達じゃなくて人事が決める。)



よかったーーー。

と思う反面反省もあった。

希望に関して3時間近く議論することになったのだけど、
(その議論に付き合ってくださる時点で感謝なのだけど)


最初話した時には全然わかってもらえなかった。
・・・・と思っていたんだけど、

希望について疑問だとか、文句を付けたいのではなくて、

よくよく聞いてみると、
僕自身のITへ偏った媒体リテラシーについて警鐘を鳴らしてくれていたのだった。



広告業界では
いろんな媒体との親和性を考えることだって大事な時があるし、
嫌なクライアントも担当するし、
斬新なアイデアって横断的な発想の中で生まれたりする。

だから好きになろうとする、知ろうとする努力が重要であるということだ。




僕は正直言って行きたい部署以外には行きたくないので、
当然それで妥協する気なんかは更々ないんだけど、
もうちょっと視座を広げようとは思った。


ネットは毎日だし、
雑誌も気になったら読むし、
イベントも意外とインドアキャラにしては行く方だ。

だから
ラジオとテレビと新聞ももっと目を向けようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー